電子レンジと冷凍牡蠣で作る牡蠣の酒蒸し

牡蠣の酒蒸しですが、居酒屋などで食べたことはあっても、作ったことはない。

だから、牡蠣の酒蒸しを自分で作るなんて、考えたこともない。

そんなあなたに、電子レンジで作る牡蠣の酒蒸しを紹介します。

電子レンジを使えば、牡蠣の酒蒸しは、カップラーメン並みに、簡単につくれます。

牡蠣の酒蒸しをつくるなら広島産の冷凍牡蠣をおすすめします。

まず、材料の主役の牡蠣ですが、広島県産のむき身の冷凍の牡蠣をおすすめします。

だいたい、殻付きの牡蠣なんて、スーパーでもそうは売っていないですよね。

それに牡蠣の殻は硬いし、扱いがなにかと面倒です。

その点むき身の冷凍牡蠣なら、そんなことは全然気にすることはありません。

ところで、牡蠣は加熱さえすれば、安心と思っていませんか?

生で食べなければ大丈夫って思ってませんか?

でも、それだけでは、牡蠣にあたるリスクを完全に取り除くことはできません。

牡蠣にあたる原因は、大きく分けると次の3つです。

ノロウイルス

腸炎ビブリオや大腸菌などの細菌

貝毒

ノロウイルスや細菌は、85度以上で1分も加熱すれば、死滅するので問題はありません。

でも、問題は貝毒です。

貝が食べた有害プランクトンが蓄積されたのが貝毒です。

実はこの貝毒、加熱しても無害化できないのです。

でも、大丈夫、安心してください。

この点に関しては、出荷前に貝毒検査を行い、規制値超過の場合には出荷規制する対策がとられています。

でも、過去に起きた貝毒による食中毒が起きたから、こうして規制が実施されているわけです。

おどかして、ゴメンナサイ。

広島産の冷凍牡蠣なら、下ごしらえが楽ですよ。

素材が準備できたら、次は下ごしらえですね。

手間暇をかけたほうが料理はおいしくできあがりますよね。

でも、手間暇かけなくても、美味しければそれでいい。

まず、普通だと牡蠣の汚れを落とすために塩水で洗ったりしないといけません。

それから、牡蠣が縮まないように、片栗粉をまぶして10秒だけ茹で、冷水に取るなんてことをします。

この一手間、二手間が料理をおいしくするコツです。

でも、この広島産のビッグサイズの冷凍牡蠣を使えば、そんな手間は必要ありません。

ココまでくればもう簡単。後は蒸すだけです。

でも、一口に蒸すといっても、いろんな方法や流儀があるようですね。

電子レンジを使う。

フライパンを使う。

電子レンジでチンすれば、ほんとうに簡単ですが、難点はあります。

まず、牡蠣がパンとはじけてしまうことがあります。場合によっては、結構悲惨な状態になってしまうことも。でも、ラップをかけてあれば、大丈夫。

でも、キッチンペーパーを使えば、この状況を打開することができます。

牡蠣を耐熱皿に並べたら、キッチンペーパーが皿からはみ出さないように牡蠣を覆い、キッチンペーパーがまんべんなく濡れるようにお酒で濡らし、その上からふんわりとラップをかける。

そうすれば、牡蠣がパンとはじけないだけでなく、加熱ムラも防止できる。

加熱時間は600Wで5分。

それと加熱した後、ずっとラップをかけたままししておくと、予熱で牡蠣が固くなってしまいます。

だから、3分くらいたったら、ラップを外して下さい。

どうしても、加熱ムラが気になるなら、フライパンを使う方法があります。

でも、この方法だと、フライパンを焦がさないように注意が必要ですね。

殻付きの牡蠣だったら、フライパンを焦がすことはないでしょうが、空焚きには注意ですね。

でも、これは牡蠣の酒蒸しを作る場合に限ったことではありませんね。

剥き身の牡蠣を蒸す場合、大きな鍋に器をいれて、その器に牡蠣の剥き身をいれて蓋をして酒蒸しにするという方法もあります。殻の役目を器の蓋にさせるわけです。

殻付きの牡蠣じゃないと、ふっくらとした牡蠣の酒蒸しはできないと思う方は、ぜひ試して下さい。

要は、お酒をいれて、強火で蒸せば牡蠣の酒蒸しのできあがりです。

なんだったら、お酒でなくて、水でもいいし、ワインだっていいはずです。

シュウマイ用の蒸し器を鍋に入れて酒蒸しにしてもいいわけです。

味付けはお好みで。

実は、電子レンジを使わなくても、牡蠣の酒蒸しは簡単に作れます。

また、レンジでチンするときや蒸すときに、有り合わせの野菜を千切りにしたものや、細かく切った昆布を牡蠣と一緒に添えれば、バリュエーションはどんどん広がりますね。

あなたも、これを機会に料理好きになってみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする