烏骨鶏の卵 栄養

一生に一度は食べてみたい烏骨鶏の卵。

あなたは、烏骨鶏の卵をどうやって食べたいですか?

やっぱり、アツアツのご飯に烏骨鶏の卵、卵かけご飯ですよね。

きっと、めちゃめちゃ美味いに違いない。

烏骨鶏 卵 違い、烏骨鶏の卵と普通の卵はここが違う!!

普通の鶏は毎日卵をうみますが、
烏骨鶏は2週間くらい生む期間があると
その後2週間~3週間はお休み期間に入ります。

その分たまごは濃厚でコクがあり
割ってみると黄身も白見も盛り上がっています。

養鶏場始めます!安全でおいしい卵と健康で幸せな鶏たちより引用

烏骨鶏の卵は、希少価値があるんですね。

なるほど。烏骨鶏は卵を産む回数が少ないので、それだけ味は濃くなるんですね。

鶏卵と比べると、烏骨鶏の卵は栄養価がとても高いです。中国では昔から滋養強壮効果や、虚弱体質に効能があるとして、漢方薬として使われていたほどです。

なぜそれだけ栄養価が高いのかというと、烏骨鶏は鶏卵に比べて卵を産む量が少ないので、一個の卵に栄養がギュッと凝縮されているからです。鶏卵が年間で300個ほど卵を産むのに対し、烏骨鶏は50個ほどです。

烏骨鶏の卵は色も味も値段も違う、その栄養価と効能。食べ方は卵酢が良い?より引用

さすが烏骨鶏の卵ですね。

烏骨鶏は卵を産む個数が少ないので、栄養価も高い。

それで、中国では古来から、漢方薬として重宝されてきたんですね。

烏骨鶏 卵 味、実は普通の鶏卵と変わらないってほんと?

味が濃厚でコクのある烏骨鶏の卵、でも実際に食べてみたら、普通の卵と変わらなかったって方もかなりいらっしゃるようです。

でも、ワインの味見をして、一番安いワインが一番美味しいっていう人だって大勢いますよね。

だから、烏骨鶏の卵の味が、普通の卵の味と変わらないって言ってる方は、キットと、舌の味覚がおかしいんじゃないかと思います。

でも、ネットで調べた感触では、烏骨鶏の卵に味は、普通の卵の味と変わらないって言ってる方は、かなり多いです。

烏骨鶏の卵 栄養、これも普通の卵と変わらない?

烏骨鶏の卵の味は普通の卵と変わらなくても、烏骨鶏の卵の栄養価は普通の卵よりは高いはず。

だって、烏骨鶏の卵ですから。


そう思って調べてみましたが、烏骨鶏の卵の栄養も普通の卵と同じだと言ってる人もかなり多い。
烏骨鶏の卵の栄養素と普通の卵の栄養素をきちんと数値で比較してる方もいます。

烏骨鶏は各種栄養素の含有量が非常に高く、ビタミンAはうなぎの9.7倍、ビタミンB2は牛レバーの2倍、鉄分はほうれん草の9.6倍、亜鉛は大豆の3.3倍にも相当します。その他にもカルシウム・ビタミンE・レシチン・今話題となっているDHA・EPAなどもバランスよく豊富に含まれています

ビタミンA
(I.U.100g) うなぎ 25.000I.U 烏骨鶏 243.000I.U
ビタミンB2
(mg/100g) 牛肝臓 3.00mg  烏骨鶏 5.46mg
鉄分
(mg/100g) ほうれん草 3.7mg  烏骨鶏 35.7mg
亜鉛
(ppm/100g) 大豆 32.5ppm  烏骨鶏 107ppm

(日本食品分析センターによる分析)

烏骨鶏の栄養について、つぶさに数値を掲載しているブログもあるのですが、その数値ってどうしてわかったのかが不明なので、何とも言えません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする