クックフォーミー 親子丼

(材料)

鶏肉 300g 577円
玉ねぎ 1/2個
卵 2個

(準備)

玉ねぎ→くし切り→さらに半分に切る
鶏肉→一口大に

(だし)

水→80㏄
醤油→大さじ1
みりん→大さじ1
みりん→大さじ1/2
砂糖→大さじ1/2
だしの素→小さじ1

鶏肉、玉ねぎを投入

圧力調理→3分
通常調理(煮る)→1分

フツフツしてきたら溶き卵をいれて軽く混ぜる

(補足)

材料ですが、何人前なのかわかりません。

鶏肉が300gなので、3人前と思われます。
卵2個使用ですが、3個使ってもいいと思います。

煮すぎてるので、卵にふわとろ感がないのが残念です。

刻みのりと三つ葉(もしくは、カイワレ大根で代用可)がのってないのも残念です。

(補足2)

クックフォーミーには、親子丼のレシピは内臓されていません。

したがって、マニュアル調理で親子丼をつくることになります。

でも、牛丼のレシピなら内臓されています。

だったら、牛丼の内臓レシピで親子丼をつくったらどうなるか?

たぶん、鶏肉にあまり火が通ってないかも。

牛丼の場合、圧力調理の時間は2分にセットされてます。

牛丼の場合は、牛薄切り肉を使用するので、加圧時間が2分ですむ。

でも、鶏もも肉は厚みがあるので、2分ではたぶん火が通らない。

念のためいっておきますが、牛丼のレシピで親子丼を調理するときは、溶き卵は加圧調理が終わってから投入してくださいね。

(補足3)

卵をふわとろに仕上げるコツ

・卵を溶きすぎてはいけない。

卵が泡立つほど溶いてしまうと、コシがなんくなって凝固力が弱くなる。

ボウルの中で3回強く混ぜる程度でじゅぶん。

・グツグツ煮立っている状態で卵をいれる。

低い温度では、白身が白く濁ってこない。

・卵を2回にわけていれる。

卵ははじめに全体の4分の3の量を入れて、卵の外側が固まったら残りの卵を入れふたをして10秒間待ってから火を止め、1分間蒸らします。

二度に分けて入れるとふわふわ感が増す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする